礼拝では、毎週、聖書に基づく説教(メッセージ)が語られます。       

 
礼拝では、毎週、聖書に基づく説教(メッセージ)が語られます。

*説教全文をお読みになりたい方は、このページの下段にリンクがあります。       

礼拝説教抜粋「もう泣かなくともよい」 牧師 鷹澤 匠

  主はこの母親を見て、憐れに思い、「もう泣かなくともよい」と言われた。(ルカによる福音書第7章)
 
  「もう泣かなくともよい」。なんて素晴らしい言葉だろうと思います。
 イエス様が、ナインの町に入ろうとなさったとき、門から葬儀の一行が出てきました。やもめの一人息子の葬列。
 当時も、葬列には道を譲るのが常識でした。しかしイエス様は、その葬列の前に立ちはだかり、息子を失った母親に、「もう泣かなくともよい」とお語りになったのです。「もう泣く必要はない。あなたが涙を流す理由は、もうどこにもない!」。このひと言が、葬儀の列の足を止めたのでした。 
 この言葉をお語りになったイエス様は、憐れに思い、こう言われたと聖書に記されています。つまり、イエス様の憐れみが、止まるはずがなかった葬儀の列の足を止めた。人間の宿命である「死」を止めた。そして、「死」は、イエス様の憐れみの向こうへ行くことができなかったのです。
 イエス様は言われます、死を恐れ、死に涙する私たちにも、憐れみをもって言われます。「もう泣かなくともよい。もう、あなたが泣く理由はなくなったのだから!」。

(礼拝説教より 抜粋)
 

 

礼拝説教
「あなたの道を主にまかせよ」(聖書) 

  
私たちは、懸命に自分の道を模索します。
道は、自分の手で切り拓き、
 自分の足で進まなければならない、と。
しかし、時に限界を感じます。
 どちらに進んでいいのか。
 本当にこの道で正しいのか。
 
聖書は語ります。
 あなたを生まれる前から知っておられる方がいる。
 死を越えてもなお、あなたを支えてくださる方がいる。
 そのお方は、神さま。
 神さまに、あなたの道をゆだねたらいい。
 あなたの道を主(神さま)にまかせよ、と。
 
まかせた人は、自分を越える強さがあるのです。
 (礼拝説教より 抜粋)

 

説教全文を読みたい方はこちら

2017.9.24 空っぽの心に神の言葉を
2017.7.16  あの人の隣人になろう
2017.6.18 キリストはあなたを遣わす
2017.5.21 人を受け入れよう

 

2017.4.2 自分の十字架を背負う

説教音声

*YouTubeにリンクします
・2017.10.5示された神の義
・2017.8.20主イエスこそ勝利者
・2017.7.27 ただ一つ必要なもの
・2017.5.28 拒みきれない神の愛